正直、治らないガンもあると思っていました…

【ガッシャ〜〜ン!】

先日、心理技術アドバイザー、
梯谷幸司先生が主宰する
シークレット・スライト・オブ・ランゲージ
12日間のプログラムを修了。

正直、この技術を修得するまでは、
治らないガンもある、
世の中には治らない病氣もある
と思っていました。

 

そして今、
世の中を全く新しい視点で観ています。

「ガンになる自分は弱い」
→自分を弱いと思っていたから、
ガンを創ってみた。

「安心・安定が欲しい」
→脳は逆に作用する。
つまり、“死”を感じさせる体験を用意する。

「十分に稼げない」
→お金を稼ぐことに罪悪感がある。
 悪いことはしたくないから、
 稼ぐための行動を止めてしまう。

 

健康面、経済面、人間関係など、
人生の様々な場面で
うまくいかない現象の背後に、
どんな“信じ込み”があるか、
自分のことをどんな人間だと思っていたのか、
どこに向かって生きているのか、
様々な角度から探っていきます。

そう、
表面的な現象(結果)の背後に
何があるのか?

 

背後にあるモノ(原因)に
アプローチをしていくことで、
この10月中旬〜12月中旬までの2ヶ月間でも、

ステージ4の乳ガンがステージ3になった!
繰り返していた坐骨神経痛が消えた!
市内の陸上大会で新記録を出した!
など、驚きの報告が続々と集まってきています。

 

私自身、
カイロプラクティックから施術の世界に入り、
進化を繰り返しながらシンクロスイッチまで
たどり着き、
田んぼに十分な水を潤すことに成功しました。

そして今、言葉を使って脳を動かす心理技術で、
自然濾過されたミネラル豊富な雪解け水を
田んぼに届けることが可能になりました。

 

本当に、
人間の限界ってどこにあるのでしょうね?

そもそも、
人間に限界ってあるのでしょうか??

 

人生は一度きり。
日々、刻一刻と時間が流れる中で、
『現状に甘んじて生きるのか』
『限界をスルッと超えて生きるのか』

それも自分で決めるだけなのでしょうね。

 

『愉快で美しい“丸出し”のあなたを引き出す』
飯田朋秀

“真の発見とは、
新しい景色を見つけることではなく、
同じ景色を新しい視点で見ることである”
〜マルセル・プルースト (小説家)〜

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「愉快で美しい丸出しのあなたを引き出す」ことをライフワークとし、愉快で美しい自己表現のハーモニーの世界を創造している。 潜在意識教育アドバイザー。 身体能力探究家。 トランスフォーメショナル・コーチ®️