「子どもが野球をやると言ったのに、やらないんです…」

私は子育ての相談をよく受けます。

今回ご紹介するのは、
よくある親子のすれ違い。

Aくんのお兄ちゃんは少年野球をやっていて、
Aくんも自然と野球をやるものだと
思われていました。

キャッチボールをやっても、
お兄ちゃんよりもセンスがあることを
周りは認め、親も期待して野球をやる
雰囲氣を作ります。

 

しかし、いつまで経ってもチームに入ると言わない。

いざ体験入部の日になると、
お腹が痛くなったり、足が痛いと言ったり、
時には痙攣発作を起こしていました。
結局チームに入らないままここ1年くらい
ズルズルきています。

親としては、せっかく才能もありそうだし、
野球をやらせたい…

 

この場合、あなたならどう捉えますか??

 

客観的に見ればお氣づきかと思いますが、
実はAくん、野球をやりたくありません。

週末は2日間とも練習や試合。
真夏や真冬も練習があり、
努力を強要されます。

Aくんは、チームに入ってしまったら
Aくんにとって大切な自由が減ることに
氣づいていました。

 

親としては、せっかく才能があるのだから
やったらいいのに、という氣持ちを持つのは
無理もないことだと思います。

ここで大切なのは、
Aくん自身が決めること。

Aくんは「チームに入りたくない」
という想いを、口で言う代わりに、
症状に出して表現しています。

本当は口で言えば、
辛い思いをしなくてすむのですが、
口では言えない環境なのでしょう。

 

Aくんが、本心で「チームに入りたい」と言うまで
チームには入らない方が良いでしょう。

 

そのような事をお母さんに伝えると、
「そうしている間に周りの子が
どんどん上手くなって、
ついていけなくなるじゃないですか。
それに、やりたいことが見つからない子には
なって欲しくないんです。」
とおっしゃいます。

 

お母さんにとって、
なぜか野球をやるのが当たり前になっていたようです。
野球じゃなくても、スポーツは色々あるし、
ゲームや漫画、絵など、夢中になるものは
いくらでもあります。

そして、“やりたいことが見つからないのはダメ”という
“思い込み”があったのかもしれません。

確かに人生において、
やりたいことをやるというのは大事です。
しかし、それが親がやって欲しいことと
一致するとは限りません。

 

「野球をやりたくない」という
Aくんの言葉にならない意思を汲み取り、
そんなAくんも受け入れ、
認めてあげることが大切でしょう。

 

人のことだと分かるのですが、
我が子のこととなると周りが見えなってしまうのも
人間の面白いところですね(^^)

 

《世界の健康常識をアップデートする》
     飯田朋秀

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも整体院、整体スクール代表」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 『世界の健康常識をアップデートする』 バイタルアングルテクニック開発者。 潜在意識教育アドバイザー。 身体能力探究家。