日本人の“根性”と欧米人の“ガッツ(guts)”の違い

辞書で“根性”を英語に訳すと“ガッツ(guts)”とあります。でも、アメリカで生活してきた私の感覚では、日本人の“根性”と欧米人の“ガッツ(guts)”は全く別物です。

日本で根性というと、
“耐える”とか“我慢する”というニュアンスを感じませんか?

学生時代に野球やアメリカンフットボールをしていた私は、

根性でやれ!」
根性を見せろ!」
という言葉をウンザリするほど耳にしました。

日本では“根性”とは、
外からの圧力に耐えること、
我慢すること
です

 

それに対して、
欧米人の“ガッツ(guts)”は
内から湧き上がってくるもの

自発的、能動的なあり方をさします。

(アメリカ人は、笑っちゃうくらい苦しいことに耐えません^^;)

 

日本語の辞書を見ると“根性”とは

  1. その人の本来的に持っている性質。
  2. 物事をあくまでやりとおす、たくましい精神。気力。

とあります。

根性”を

日本のように、外からの圧力(ストレス)に対して我慢するために使うのか、

欧米のように、内から湧き上がってくるものとして使うのか、

このチカラの根本的な違いを、
つい先日、世界中の人が目撃しました。

 

それは、サッカーW杯決勝リーグ1回戦の日本ベルギー戦

2対2で迎えた後半のアディショナルタイム。誰もが延長戦かなと思っていたその時、ベルギーの電光石火のカウンターで3点目、決勝点が美事に決まりました。試合間隔が短く激闘が続くワールドカップで、両チームとも疲労が蓄積して動けなくなってきていた時間帯。

このシーンはコチラ

 

本田選手が蹴ったコーナーキックを、ベルギーのゴールキーパーがボールを確保した瞬間、ベルギーの5人の選手が猛然と日本ゴールに迫り、ボールを鮮やかに繋ぎながら1点をもぎ取りました。腹を空かせた野生動物が、血色を変えて獲物を狩るような迫力。

これこそが本物の根性・ガッツ(guts)”です。

「走れー!」と外から圧力がかかって苦しさに耐えていたら、あの野生の迫力は出ません。

内から湧き上がってくる衝動的な本能が、あの疲労困憊こんぱいの局面で、あの爆走するチカラを生むのです。

 

日本のW杯ベスト8進出という夢が破れた寂しさはありましたが、
スゴイものを見ました。

 

もちろん、だから日本が悪いとか、欧米はスゴイと言いたいわけではありませんし、そういう思想を持っていません。日本のことも世界のことも、客観的に観察することに価値があると考えています!

 

地球の潜在能力を350%引き出す

飯田朋秀

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「健康で幸せ溢れる人生、能力・才能を存分に発揮して、最高の人生を歩もう!」をテーマに、日々飛躍的に進化している。 進化を続ける人間能力探究家。