10周年:今後の伸びしろは“脳”

今年は台風が立て続けに上陸して、
日本列島を大掃除しているようです。

地球も一つの生命体。

人間が下痢をすることで
カラダを浄化するように、
地球は台風の暴風雨で
地表を浄化していると考えられます。

 

 

お陰さまで台風一過のスッキリ爽やかな
2018年10月1日、
みきとも 生命エネルギー循環場は
開業10周年を迎えることができました!

10年前に想像していたよりも、
遥かに進化成長が進んできました。

 

アメリカで世界最高の
カイロプラクティックを学んで来たと
自負していた10年前。

最初の数年は、
次々と独自の検査法を編み出し、
より正確に神経障害(サブラクセーション)を突き止めることが可能になりました。

そして、カイロプラクティックの世界で
昔から言われてきたように、
上部頸椎(首の上部)が鍵であることを
確信しました。

 

2014年、ウツシ®︎を学び、
上部頸椎付近からエネルギーを注入する
ことで、人が瞬時に元氣を回復し、
健康が改善していく現象を
毎回毎回目の当たりにしました。

 

2018年、ふとした瞬間、
エネルギーを循環させる方法を思いつき、
スピン シンクロ スイッチが誕生。

エネルギーは停滞することなく、
循環している。
宇宙環境のより大きなエネルギーの流れ
とつながることで、
健康回復、精神的安定、思考パターン、
愛情表現など、
生き方そのものを変える手技が可能になってきました。

 

そして今後は、
セッション、対話、施術で、
よりダイレクトにに変革を起こしていきます。

不健康な現実を創っていた
思考パターンや精神状態を崩し、
新しい圧倒的な健康を
手に入れていただきます。
同時に、
より軽やかに自分らしさを表現しながら
人生を歩んでいくことが
できるようになります。

 

病氣や不調とは、
自分に必要のない信念・価値観を
手放すための
大切なプロセスであったことに
氣づくことでしょう。

病氣や不調とは、
何か大切なことを学ぶために起きている
大切なプロセスであったことに
氣づくことでしょう。

 

キレイごとでもスピリチュアルでもなく、
より豊かな実りの多い人生を送るために、
必要な学びとして大変なことは起こります。

「大変なこと=大きく変わるチャンス」

 

あなたはチャンスを活かして、
どんな素敵な未来を創りますか?

共に創造しましょう!

 

これから10年後の
2028年10月。
今からでは想像もできなかったような
スゴい自分、クールな日本、素敵な世界が
待っています。

そんなハッピーな日々を、
丁寧に味わいながら歩んでいきます。

今後のみきとも 飯田朋秀の
進化・成長をお楽しみください!

 

『独自の施術』と『脳科学』『心理技術』で、
人の潜在能力350%引き出す

        飯田朋秀

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「健康で幸せ溢れる人生、能力・才能を存分に発揮して、最高の人生を歩もう!」をテーマに、日々飛躍的に進化している。 進化を続ける人間能力探究家。