薬を飲まないことよりも大切なこと

「できるだけ薬を飲みたくないんです」
と言われる方は少なくありません。

 

「薬を飲みたくない」
という思い良いのですが、

大切なのは
「どうして飲みたくないの?」
という理由です。

 

薬を飲みたくない理由を探ってみると、
大きく二つに分かれます。

  1. 薬には副作用があるから(90%)
  2. 自分のチカラで治したいから(10%)

 

1の理由が90%と遥かに多いのですが、
この場合、残念ながら
薬を飲む飲まないに関わらず、
病氣や体調不良を繰り返すことが多いです。

なぜなら、
自分は薬の副作用によって
ダメージを負ってしまうという
イメージを抱いているから。

つまり、
“自分は弱い”
と思っているのです。

 

レモンをイメージした瞬間
口の中に唾液が分泌されるように、
脳の奥にある“自分は弱い”という
イメージに反応し、
体の細胞は弱くなる化学反応を続けます。

そして、
病氣や体調不良が続くという
現実が現れてきます。

 

2の「自分のチカラで治したい」
という理由を答える方は10%と
非常に少ないです。

こういう人は、
薬を飲む飲まないに関わらず、
健康度が非常に高いです。

 

なぜなら、
“自分にはチカラがある”
というイメージがあるから。

さらに、
課題を自分で解決する
という快感を知っているから。

 

病氣や体調不良が続くという方、
脳の奥にどんな自己イメージがあるか
チェックしてみてください。

薬で症状を消すことよりも、
脳を調整して自己イメージを
整えることの方が大切です。

 

これから10年後、
“自分は弱い”と思い続けて過ごしたあなたと、
“自分にはチカラがある”と思い続けて過ごしたあなた。

どんな圧倒的な違いを見せるでしょうね?

 

『世界は自己表現のハーモニー』

みきとも 生命エネルギー循環場
愉快で美しい自己表現を引き出し、
病氣をやめる・やめさせる 
   
      飯田朋秀

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「健康で幸せ溢れる人生、能力・才能を存分に発揮して、最高の人生を歩もう!」をテーマに、日々飛躍的に進化している。 進化を続ける人間能力探究家。