ワンピースに学ぶ、超健康で生きる秘訣

今や国民的アニメとなったワンピース。
1997年から連載が始まり、20年以上に渡って世界中の読者を魅了しています。

なぜこれほど長期間、世界中の人の心を惹きつけているのか?

 

その理由を私的にいうと、ワンピースが高いエネルギー状態で循環しているからです。人間でいったら、超健康体人氣を集め、ビジネスで成果を上げ、家庭人間関係遊びなどでも人生を痛快に味わっている状態です。

 

パワースポットといわれるエネルギーの高い場所に人が集まるように、ワンピースというアニメは、高いエネルギー状態で人の氣を集めています。人氣にんきとは人氣ひとけ。高いエネルギーに人の氣は集まります。

 

先日、さんまさんのテレビ番組にワンピースの作者、尾田栄一郎さんが登場し、尾田さんのアトリエで対談をしていました。

それで、分かりました!
ワンピースが20年以上に渡って爆発的人氣を続けている理由ワケが!

そして、その理由ワケは、人間が病氣や体調不良をやめ、超健康体でビジネスや人間関係など、実り多い人生を歩むための方法でもあります。

 

ワンピースが長年人氣を集める理由ワケと、
人間が超健康体を創る方法とは、、、

 

 

最後を決めている!
です。

人生で言うと、
何のために生きるか?を決めているのです。

 

尾田栄一郎さんは大学生の時に、
ワンピースの最後だけ決めて連載をスタートします。

最後(目的)は決めていて、どう辿たどり着くか(手段)は決めていないそう。最後(目的)は絶対面白くなると分かっているから、そこに辿たどり着くまでは色々な道順(手段)があって面白いのです。

 

つまり、生きる目的を明確にして、
様々な手段を使って目的を現実にしていくのです。

ワンピースの主人公ルフィで言えば、
『海賊王になる!』という目的に向かって、
仲間を集めながら航海に出るという手段をとります。

ハーバード大学のエドワード・バンフィールド博士の50年以上の研究の末に至った結論は、長期的な視点こそ、仕事と私生活の双方における成功の鍵を握る」というもの。

バンフィールド博士によると、世界中の優れた働きをする人は、10年、20年というようにかなり先の未来について考える時間を設け、その頃の生活や仕事がどうなっていたいかをはっきりと認識していると言います。

 

これは、私の個人セッションでも、まさにキモとなる部分です。

「何のためにそれをやるのですか?」
「生きる目的は何ですか?」
「何のためにそういう経験が必要だったのでしょう?」

例えば、子どもの頃に親に虐待されたという経験を持つ方の場合、そういう親を許そうとしても、なかなかできるものではありません。子どものケンカに大人が介入して、無理やり「ゴメンね…」と言わせても、かえってわだかまりが残るようなものです。

 

親に虐待されたという経験を持つ場合、
「何のために、親に虐待させて・・・いたのですか?」
と聞きます。

これ、かなりのミラクルクエッションなのですが、分かりますか??

「何のために」目的を聞き、
「親に虐待させて・・・いたの?」手段を聞いています。
しかも、主体的・・・に虐待させて・・・いたことを受け入れてもらいます。

 

最初は、聞かれたクライアントさんも
「???」
と反応することが多いです。
それで良いのです。

もちろん、表の意識では、好きで虐待されたわけではないでしょうからね。

私は徐々に質問を変えながら、氣づかせていきます。
虐待をさせて・・・いた裏にある、大きな目的を。

 

先日3回目のセッションをした50代の女性Yさん。
幼少の頃に母親から暴力を受け、家に入れてもらえないなどの精神的にも辛い経験をお持ちでした。4年前に乳がんが見つかり、西洋医療や代替医療をやってきました。しかし、がんの進行を遅らせることはできても、止めることはできませんでした。

私の個人セッションでは、乳がんの方にはまず、母親との関係に何かあるのではないかと目星をつけます。彼女の場合、ドンピシャでありました。そこで、人生や世の中に対して無力感すべがないという信じ込みを創りました。

その後の人生でも、友達作りやパートナーシップなど人間関係において、自分ではどうすることもできない感覚を使っていました。また、乳がんに対しても、無力感すべがないという“信じ込み”を使っていたので、医師や治療家任せでした。

 

そんな彼女が唯一、有力感を感じるのは、美容師という仕事でした。独立して17年。美容師として世の中に“美”を提供することに喜びを感じていました。

しかし、乳がんを創ります。セッションを通じて分かったことは、美容師として有力感喜びを感じていたと同時に、苦手な人間関係をなるべく見ないように、考えないようにしていたのです。お店でスタッフを雇っては関係を壊す、を繰り返していた彼女の心の奥に、母親との関係で創られた無力感すべがないという信じ込みがありました。この信じ込みを克服するために、スタッフに対して優しい言葉をかけたり、遊びに行ったらお土産を買ってくるなど氣を使って努力をしていました。。

でも、現実は表面的な努力なんかよりも、心の奥にある信じ込みに反応します。彼女の場合であれば、無力感すべがないという信じ込み投影するように、うまくいかない人間関係を現実化していました。そして、「そろそろ氣づいてもいい頃じゃないの?」と確認するように、潜在意識は乳がんとして、メッセージを届けてきたのでしょう。乳がんは、特に母親との関係において創られるケースが多いのも特徴です。

 

彼女との個人セッションでは、「何のために、母親にそういう言動をさせていたのでしょうか?」「何を学ぶために用意した経験だったのでしょうか?」「何のために、そういう母親を選んで生まれてきたのでしょう?」などと、質問を変えながら、脳を揺さぶっていきました。

,やはり、自分で自分に問いかけるよりも、人に問いかけられるという経験は必要なのでしょうね。自分で問いかけても曖昧あいまいなまま終わってしまうことはできますが、人に問いかけられたら何とか答えを探します。そして、私はココが大事というところでは逃がしませんから^^

 

Yさんから届いたメッセージ

 

Yさんも個人セッションをして、日常でのワークに取り組みながら、生きる目的に氣づいてきました。ワンピースのように、最後が決まってきました。なんだかんだありながらもそこ・・(生きる目的)に行くと決めれば、エネルギー状態が変わります。間もなく超健康体でしょう。

(Yさんからは、掲載の許可をいただいています)

 

ワンピースが長年人氣を集める秘訣。

それは
最後を決めている!

人生で言うと、
何のために生きるか?
生きる目的は何?
を決めていること。

この秘訣は、人間が病氣や体調不良をやめ、超健康体でビジネスや人間関係など、実り多い人生を歩むための方法でもあります。

 

あなたは、何のために生きますか??

愉快で美しい“丸出しのあなた”を引き出す
飯田朋秀

みきとも 生命エネルギー循環場

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「愉快で美しい丸出しのあなたを引き出す」ことをライフワークとし、愉快で美しい自己表現のハーモニーの世界を創造している。 潜在意識教育アドバイザー。 身体能力探究家。 トランスフォーメショナル・コーチ®️