暑さを味方にする思考法

今日は名古屋で観測史上初めて
40℃を超えたそうで、
もの凄い暑さが続いていますね(^^;;

温暖化といいますが、
忘れていけないのは、
つい半年前は記録的な寒さと大雪に見舞われました。

正しくは、
二極化が進んでいます

 

そして、この二極化の流れは
これからますます進行すると
いわれていて、
春秋の過ごしやすい期間が短く、
極めて寒い冬と、極めて暑い夏の
二極化時代となっていくようです。

 

この異常な暑さに対して、
「暑いところには出ないでください」
「エアコンを使ってください」など、
メディアでは盛んに注意が促されています。

確かに、熱中症で亡くなる人も出ているくらいですから、注意は必要です。

しかし、
暑さから逃げよう、
暑さを避けようと、
「暑さ=悪者=敵」として捉えると、
残念ながら体は、
暑さに対して
ますます弱くなります。

 

適者生存(survival of the fittest)
というように、
環境に適応して、
進化していけば良いのです。

 

進化のコツは、
思考から変えていくこと

「暑さ=悪者=敵」としていたら、
いつまで経っても「暑さ」に対して
“戦う”か“逃げる”しかスベはありません。

 

それに対して、
進化する人間は、
「暑さ=味方=仲間」とします。
暑さを利用するのです。

 

具体的には、
「暑ければ、汗をいっぱい出せる。
汗をかいたら、新鮮な水を補給して、
水分の総入れ換えが完了。

脳細胞は新しくなり、
思考は柔らかく、
ビジネスアイデアが溢れる。

古くなった細胞は、瑞々みずみずしく若返り、
ますます人を魅了できる。

暑ささん、ありがとう!」

 

という具合に、
進化する人は思考します。

すると、
暑さ大歓迎

暑ければ暑いほど、
頭が良くなる、
健康になる、
若返る。

という方程式が機能し、
脳のイメージ通りに現実を加工していきます

 

暑さにおびえているよりも、
主体的に生きていけます。

あっ、
もちろん、
文明の利器であるエアコンを使って
適応するという道もありますし、
うちも遠慮なく使っています。

 

独自の施術と言葉の技術で、
地球の潜在能力350%引き出す

        飯田朋秀

ココロに響いたら、是非シェアを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県安城市「みきとも 〜Life Energy Station〜生命エネルギー循環場」代表。 名古屋大学教育学部卒。米国パーマーカイロプラクティック大学卒。米国政府公認ドクター・オブ・カイロプラクティック(DC)。中米エルサルバドルにある、カイロプラクティック・クリニックにて勤務。 世界の一流ドクターから哲学・科学・芸術の真髄を学ぶ。しかし、本質を追求するほどに、既存の手技や既存の概念に限界があることを痛感。これまでのように、人を“肉体”としてではなく、“エネルギー体”として観ることに活路を見出す。そして、日々の探求と実践を重ねることで、既存の概念を打ち破ることに成功。そして今、独自の道を切り開き、新たな境地へと突入している。 「健康で幸せ溢れる人生、能力・才能を存分に発揮して、最高の人生を歩もう!」をテーマに、日々飛躍的に進化している。 進化を続ける人間能力探究家。